063 最近の天気予報は天気図を出さない [Mar 20, 2019]

TVを見るのは、毎朝TV体操をしてから「もういちど日本」までの1時間弱に限られる。だから、他の局とか他の時間帯のことはよく知らないので、あるいはNHK6時台の番組だけなのかもしれないが、気になることがある。

それは、天気予報で天気図を出さないケースが増えていることである。最初は見逃したかと思っていた。ところが、よくよく見てもやっていない。6時53分頃の全国予報でも、57分頃の関東地方の予報でも、天気図を出さない日がほとんどである。

天気図を出さない天気予報を見ていると、一般大衆は考えなくてもいい、結果だけ知れば十分であると言われているようで、かなり気分がよくない。言葉は悪いが「愚民化政策」ということになるだろう。

確かに、気象予報士という国家資格があって、予測をしているのもNHKのコンピュータだろうからそれを知らせれば十分というのも分からないではないが、天気の予測などいくら権威がある人がやっても半々である。降水確率10%で雨が降ることなど珍しくないし、最高気温なんて大抵当たらない。

それよりも、ほぼ確実な数時間前の天気図を見た方が、まだ予測が可能である。外れたとしても自分自身の予想だから自分で責任をとるだけのことだし、家にいる場合と外に出る場合とでは見方も違ってくる。

山歩きをする人にとって、天気図を読むことは最低必要な事前準備の一つで、天気図を見ないで山に行くのは1/25000図を持たないのと同様に無謀である。日中に他の情報を入手できないケースがほとんどだから、頼りになるのは天気図しかない。

もう50年近く前の話になるが、NHKラジオで各地の気象状況を聞いて、そこから天気図を自作していたことがある。山に行く人にとって身に付けなくてはならない技術で、いまでも登山部ではやらされているのではないかと思う。いまでもあの白地図は売っているのだろうか。

いまや、スマホで気象協会にアクセスすれば出て来る時代になったけれども、大切なのは結果よりも過程、考え方を身に付けることである。どこに低気圧があれば天気が荒れるのか、どういう気圧配置でどちらから風が吹くのか、天気図を作ればおおよそ見当がつく。

地域ごとに時系列で天気分布が示されれば分かったような気になるけれども、せいぜい5kmメッシュ、10kmメッシュである。ピンポイントで自分のいる場所の天気を示す訳ではない。そんなことに全幅の信頼を置くから、ゲリラ豪雨だといってあわてることになる。

天気予報も天気図もない昔、「観天望気」と呼ばれる風向き、雲の様子、空の色などで数時間後の天気を予測した。それこそ気圧まで体感で把握できる人が少なくなかったという。それらを手掛かりに危険を察知した人の話は、昔の本を読むとよく出て来る。

現代人にそれを求めるのは無理としても、少なくとも天気図を見れば、向こう2~3日どういう天気になるか予想することができる。そういうことを一切しないで時系列予想だの降水確率だのばかり見ていると、予報が外れた場合に被害が大きいし、なぜそうなったかが分からない。

NHKも以前はちゃんと天気図を出していた訳だから、いろいろアンケートとかやった結果、「天気図を出している時間があったら時系列予想や洗濯の乾き具合、花粉情報を流す方が視聴者のニーズに合致する」ということになったのだろう。

そうやって誰も天気図を見なくなれば、やがて学校でも教えなくなるし、興味を持つ人もいなくなる。ブロだけがやり方を知っていて、一般人は予想結果だけ教えておけばいいというのはたいへん危険な考え方だと思うけれども、多くの人がそれを望んでいるのであれば致し方ないのかもしれない。

[Mar 20, 2019]


最近の天気予報は天気図を出さないことが多い。個人的に、たいへん違和感がある。

062 震災直後の北海道 [Sep 26, 2018]

震災直後の北海道に行ってきた。もちろん、地震が起こったから行った訳ではなく、以前から計画していた旅行に予定通り行っただけなのだが、静かでたいへんよかったと思う反面、これでは地元はたいへんだなあと思わざるを得なかったのであった。 “062 震災直後の北海道 [Sep 26, 2018]” の続きを読む

061 平成最大の水害 [Jul 13, 2018]

このたびの水害では私が最近歩いた四国遍路道の市町村が大きな被害を受けた。宿毛市から大月町、愛南町、宇和島市、大洲市と、本当に歩いた順に被害が大きくなっていて、まさに他人事ではなく胸を痛める。被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げたい。 “061 平成最大の水害 [Jul 13, 2018]” の続きを読む

060 改めてアメフトの日大騒動について [Jun 15, 2018]

日本ではマイナースポーツもいいところのアメリカンフットボールが、連日ニュースで報道された。おそらく、国内においてアメフトがこれほど取り上げられたことは史上初めてで、日本人NFL選手が活躍しない限り今後もないだろう。 “060 改めてアメフトの日大騒動について [Jun 15, 2018]” の続きを読む

059 ビットコインと仮想通貨の将来 [Jan 26, 2018]

新聞をやめてしまったし交通機関もほとんど使わないので、世間で何が話題になっているかよく分からないし知ろうとも思わない。ただ、ネットを見ているだけでも「ビットコイン」という単語を頻繁に目にするし、奥さんがTVをつけていると出川のCMが目に入る。何やら世の中ではビットコインという仮想通貨に注目が集まっているようである。 “059 ビットコインと仮想通貨の将来 [Jan 26, 2018]” の続きを読む

058 新聞もTVもニュースはストレスの元になるだけ [Nov 29, 2017]

今月初旬のブログで新聞をとるのをやめたことを書いたのだけれど、これには予想しなかった意外な効果があった。余計なストレスが少なくなったことである。費用対効果とか節約志向が新聞をやめた主たる動機なのだけれど、実際やめてみると、新聞から入ってくる情報は99%雑音でありストレス源であったことがたいへんよく分かった。ありがたいことである。 “058 新聞もTVもニュースはストレスの元になるだけ [Nov 29, 2017]” の続きを読む

057 そんなにめでたいか沖ノ島世界遺産 [Jul 17, 2017]

沖ノ島がユネスコの世界遺産になって、読売新聞は大喜びである。まあ、どっかの事務次官が歌舞伎町でいかがわしい店の常連だったとかいう官邸リークを記事にしている志の低い新聞だから気にすることもないのだが、地元でも盛り上がっているなんて記事を読むと、なんだかおかしいなと思う。今日はそのことについて整理してみたい。 “057 そんなにめでたいか沖ノ島世界遺産 [Jul 17, 2017]” の続きを読む

056 男子高校生のおばさん化? [May 19,2017]

昨年の夏にリタイアして通勤通学の時間帯に電車に乗ることはないと思っていたら、正月から職業訓練所に通うことになって朝晩決まった時間に電車で行き帰りするようになった。都心に向かう電車ではないのでそれほど混雑してはいないものの、それでも人混みに入って行かなければならないのは気が重いものである。 “056 男子高校生のおばさん化? [May 19,2017]” の続きを読む

055 景色のいい外国で家族の髪を切りたいって? [Mar 12, 2017]

昨年4月以来電車に乗ることがほとんどなかったのに、この1月から職業訓練所に通い出して毎日電車に乗っている。座って本を読めるのはうれしいが、車内に掲示されている広告にはあいかわらず腹立たしいものが多い。毎日これらのジャンク情報が目に入ってくるのは、たいへん煩わしい。今日はその中のひとつについて。

「景色のいい外国で、家族の髪を切る」のが、二十何歳美容師男の夢なんだそうだ。おそらくモデルになった美容師男はそんなことを言ってなくて、コピーライターが恰好よさげな事を書いただけなんだろうと思う。そうだとしても、このCMを出している会社も、代理店も、このコピーを見る人も、このコピーに違和感を持たないとすればどこか頭の配線が逝っちゃっている。 “055 景色のいい外国で家族の髪を切りたいって? [Mar 12, 2017]” の続きを読む

054 IR法案(カジノ法案)成立について技術的なこと [Dec 15, 2016]

会期末ぎりぎりの段階で、どさくさにまぎれてIR法案が成立した。まあ、与党も野党も身内に反対意見もあれば賛成意見もあり、正面切って議論もしたくなかっただろうから、こういう結末は仕方なかったのかもしれない。 “054 IR法案(カジノ法案)成立について技術的なこと [Dec 15, 2016]” の続きを読む