今月のコメント FC2もダメ!? ブログをどうしたら

7月5日のFC2ブログ障害について。本来ブログに書くべき話題と思うけれども、過去のNiftyや忍者のこともここに書いているので、こちらにも同じようなことを書いておく。

5日朝、ブログの定時更新を確認しようとURLを入力するが、見たことのない画面が出てくる。「この接続ではプライバシーが保護できません」と書いてある。chromeでもそうだし、スマホのandroidでも状況は変わらない。

調べてみると、SSL証明書の期限が7月4日までで切れている。少し前ならSSL証明がなくても注意喚起するだけでサイトは見られたのだが、最新のアップデートではそうではないらしい。

そして、私のブログだけではなく”blog.fc2.com”の他のブログもそうだし、FC2のヘルプベージも同じ状況である。ということは、私の側に問題があるのではなく、FC2側の問題である。

とりあえず、ホームページで障害告知をして、FC2に問い合わせメールを打った。もしかすると、グリニッジ標準時か米国東海岸の7月5日に対応するかもしれないので、しばらく様子を見ていた。

午前10時過ぎに、何事もなかったようにサイトは表示された。SSL証明の期限を確認すると、しれっと来年まで延長されている。他に変わったところはないから、おそらくここを対応したと思われる。

すべて終わってから、FC2の障害情報に告知が出た。問い合わせへの回答も同じ文章で当日に届いた。きっと、マルチポストでいっぺんに済ませたのだろう。

———————————————————–
FC2ブログ( https://blog.fc2.com/ )にて障害が発生しており、緊急メンテナンスを行っておりました。

【障害発生期間】
日本時間 2021年7月4日 午後07時57分 ~ 7月5日 午前08時17分

【障害内容】
ブログを表示しようとすると「この接続ではプライバシーが保護されません」という画面が表示される

障害中の操作は、反映されていない場合がございます。
お手数ですが、その場合は再度操作を行ってください。

引き続きお困りの場合や、お気づきの点がございましたら
サポートまでお知らせいただけましたら幸いです。

以上、今後ともFC2をよろしくお願いいたします。

——————————————–

障害理由も書いていなければ、再発防止策も書いていない。ご迷惑をおかけしてすみませんとお詫びすることさえしていない。さすが、海の向こうの会社である。

昔、アメリカではぶつかってもお互い謝罪しないとよく言われた。謝ったとたんに損害賠償責務が生じるからだそうである。そんな話を思い出した。実際にラスベガスに行ったら、みんな”Perdon”とか”Sorry”とかちゃんと言っていたが。

説明すべきところがしないので代わりに私が説明すると、原因はほぼ間違いなくSSL証明書の期限切れで、期日管理をしていないという初歩的ミスである。対応に12時間ほどかかっているから、気がついてあわててLet’s Encryptに連絡したのだろう。情けない話である。

そして、ハードの障害とかなら降って湧いた災難で、対応しましたで済ませるのも仕方ないが、初歩的人為的なミスで迷惑をかけてお詫びの一言もないというのは常識がないといわざるを得ず、付き合いたくない相手である。

さて、かつてブログを開いていたNifty、忍者からFC2に移したのは、こっちの方が安いとかそういう理由ではなく、やむにやまれぬ事情があったからである(これとかこれ)。FC2にしたのは大手で信用できると思ったのとサービスが安定しているからだが、どうやらそうではなかったらしい。

障害が起こること自体は不可抗力の面もあり、たとえ初歩的なケアレスミスであっても人間がやることだから仕方がない。しかし、障害が起こってからの対応は企業の責任であり、いい加減な対応をする会社はそういう体質だということである。

海の向こうだからこうなのか、もしかするとコンピュータ会社などみんなこんなものなのか(忍者はともかく、Niftyはもともと富士通である)、考えさせられる障害の顛末であった。

[Jul 06, 2021]

「今月のコメント」バックナンバーはこちら