カテゴリー
奥多摩の山歩き

017 雲取山 [Mar 28-29, 2013]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

3月の終わりに休みを取った。天気も良さそうなので、昨年末に三条の湯までで撤退した雲取山を目指すことにした。鴨沢バス停の標高が530m、雲取山頂が2017mだから、標高差はおよそ1470m。達成すれば自己最高の標高差である。ビギナー向け山小屋としては多く推薦される雲取山荘に予約を入れて、始発電車で奥多摩に向かった。

ヤマレコの記事では、前週末時点で山頂まで雪はないということであったが、前の晩に雨が降ったので山では雪だったかどうかが不安材料である。予約の時にも言われたので軽アイゼンは持ったものの、できれば使わないで済ませたい。ところが、中央線の車内放送では青梅線は架線凍結のため運転見合わせと言っている。私が行くまでに復旧するといいけれど。

立川を過ぎ河辺(かべ)までは順調だったものの、ここで電車が止まってしまう。結局、青梅を出た時点で30分遅れ。8時台のバスには乗ることができず、JR奥多摩で30分待ち合わせの計1時間遅れとなってしまった。鴨沢バス停から雲取山荘まではコースタイムで6時間だから、これだとぎりぎりである。まあ、このところ早く歩けるようになったので、とにかく急ぐしかない。