カテゴリー
茨城の山歩き

103 筑波山(男の川ルート・失敗) [Feb 3, 2021]

注.このルートは右岸(図の右側、下流から見て左の本流に見える沢)を遡ると遭難します。注意。
この図表はカシミール3Dにより作成しています。

緊急事態で遠出ができない日が続いている。2月の山行も、車で2時間足らずと近場の筑波山にせざるを得なかった。ほとんどのハイキングコースを登ってしまったので、今回はバリエーションルートである男の川(おのかわ)ルートを選んでみた。

カテゴリー
covid-19

100 山は私ひとりのものではないが・・・ [Feb 23, 2021]

ブログ村に入っているので、ときどき題名につられて人の書いた記事を読むことがある。先日もそんなふうにクリックしたのだけれど、相当に違和感があったのであえて書いてみる。

カテゴリー
茨城の山歩き

092 加波山・足尾山 [Feb 10, 2020]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

このところ、茨城の山歩きが続いている。前回は吾国山・難台山を歩いたのだが、今年初めに登った加波山にも心残りがあった。自由民権運動ゆかりの旗立石も見なかったし、別のお宮を勘違いして加波山頂だと思っていたからである。

カテゴリー
茨城の山歩き

084 筑波山(御幸ヶ原コース) [Mar 19, 2019]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

わが家から奥多摩よりも丹沢よりも、さらには房総より家に近いところに山がある。それも深田百名山である。その名は筑波山、晴れた日には平野部から立ち上がった双耳峰が家からでもよく見える。

カテゴリー
房総の山歩き

066 ロマンの森から市界尾根 [Dec 23, 2017]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

伊予ヶ岳を無事歩いた後は、前回道を間違えたロマンの森である。平群天神社を11時前に出て20kmほど走り、ロマンの森の駐車場まで。支度が済んで11時半にはスタートできたから、時間には十分余裕がある。前回はバスの時刻に間に合わせようとあせったのがミスの一つの原因だったが、今回はそういうことはない。

カテゴリー
房総の山歩き

065 伊予ヶ岳 [Dec 23, 2017]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

昨年末は寒くなるのが早く、ほとんど秋らしい日がないうちに冬になった。歳とったせいで夫婦そろって寒さは体に響くので、朝晩はエアコンなしではいられないくらいである。山歩きも、本仁田山で寒気がしたのが気になって、今年は12月から房総となった。

カテゴリー
奥多摩の山歩き

061 大岳山 [May 28, 2017]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

ゴールデンウィークに高原山を歩いたが、標高差がそれほどなかったので足も痛くならなかった。そろそろ本格的に歩かなければならないと思って考えてみたら、しばらく奥多摩に行っていないことに気がついた。奥多摩では、以前登った鋸山に再挑戦するつもりでいたのに、あれからかなり経つ。という訳で、大岳山から鋸山のコースを歩いてみることにした。

カテゴリー
尾瀬栃木の山歩き

060 高原山(ミツモチ) [May 2, 2017]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

2017年のゴールデンウィークはリタイア後初の大型連休であった。リタイアしているからといって毎日が休みということはなく、学校と同じように毎日職業訓練所ポリテクセンターに通っているので、平日は自由にはならない。幸い、5月の1日2日だけは訓練もお休みになったので、奥さんと山に行くことにした。場所は、昨年の秋痛い目に遭った高原山である。

平日とはいえゴールデンウィーク中であるので、早めに予約をとらなくてはならない。以前から気になっていた小滝鉱泉を5月1日泊で予約して、天気次第で1日ないし2日に登る計画を立てた。

カテゴリー
房総の山歩き

058 笹子塚 [Feb 12, 2017]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

木更津駅西口発鴨川亀田病院行きのバスは、中高年のグループで朝からたいへんに騒々しかった。少し離れたベンチでバスを待っている間は何とかなったけれど、バスに乗ってしまうとそういう訳にはいかない。回数券を買ったので運賃分取ってくれとか一人いくらかだとか幹事の人が大声を出す一方で、メンバーはおのおの勝手にしゃべっている。

カテゴリー
尾瀬栃木の山歩き

054 高原山(釈迦ヶ岳) [Nov 13, 2016]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

久しぶりの山は、2年前に登ったのに霧の中で何も見えなかった高原山である。紅葉狩りを兼ねて奥さんも一緒なので、あまりきつくない山ということで選んだつもりであった。行く前には、2時間半で登って2時間で下りて、鬼怒川に回ってかご岩温泉に入って、まつたかでゆばを買って帰ろうと話していたのである。